学生紹介

西村さんの写真

名前
西村さん
学科
外国語学部 ヨーロッパ学科 ドイツ語圏専攻
出身高校
奈良工業高等専門学校出身

学科・専攻やカリキュラム等の特徴

ドイツ語圏専攻の1学年過程では主にドイツ語の基礎を文法、購読1及び2、応用の4教科で繰り返し行い定着させます。また、会話の授業ではドイツ人の先生による基本的に全てドイツ語で行われる形式で、基礎の授業で学んだことを実際に使用していきます。他にも各学期ごとに研究概論の授業があり、僕は前期にドイツ語圏の社会について、後期には同じくドイツ語圏の文化について学びました。これらの授業はそれぞれ少人数で行われ、積極的に参加しやすくなっています。

印象的な授業

この授業はほとんどドイツ語で説明や練習をするのでドイツ語の能力を飛躍的に上げることができます。学生が分からない箇所や大切なところは先生から英語での補足説明をしていただけるので、理解ができないことはほとんどありません。一番最初の授業では先生が言っていることがほとんど分かりませんでしたが、回数を重ねるごとに分かることが増えていき、後期の最後には先生が授業中に言うことはほとんど全て分かるようになりました。

キャンパスライフ

僕は遠方から愛知県に来たので、1年生の春から一人暮らしをはじめました。4月の初めのころは買い揃えるものも多く学校外でもずっと忙しかったですが、初めて経験することばかりで楽しかったのを良く覚えています。また5月からははじめてのアルバイトも初めて1年中忙しかったような気もします。忙しかったことはもちろん大変で、学業とのバランスをとるのも難しかったですが、いろんなことが自分ひとりでできるようになっていくのがとても嬉しく楽しかったです。

モデル時間割

前期

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限
(8:50~10:20)
英語ⅠA       ドイツ語(応用)
2限
(10:30~12:00)
ドイツ語(講読1) 研究概論(ドイツ語圏社会)   英語1B  
昼休み          
3限
(12:50~14:20)
スポーツ実践演習(テニス) ドイツ語(文法)     民族と国家
4限
(14:30~16:00)
  ドイツ語(会話)pick up!   ドイツ語(講読2)  
5限
(16:10~17:40)
言語研究入門       歴史社会研究入門
夕方          

後期

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1限
(8:50~10:20)
英語ⅠA     基礎演習Ⅰ ドイツ語(応用)
2限
(10:30~12:00)
ドイツ語(講読1) 研究概論(ドイツ語圏文化)   英語1B  
昼休み          
3限
(12:50~14:20)
ヨーロッパの歴史と文化 ドイツ語(文法)     情報リテラシ
4限
(14:30~16:00)
言語と思考 ドイツ語(会話)pick up!   ドイツ語(講読2) スポーツ実践演習(卓球)
5限
(16:10~17:40)
言語研究入門       歴史社会研究入門
夕方