愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

ヨーロッパ学科フランス語圏専攻

Department of European Studies Division of French Studies

伝統と革新の国、
フランスを通して世界を展望する。

フランスは、中世以来、ヨーロッパの文化・文明の中心の一つです。現在も、ドイツと共にEUを牽引しながら、世界第5位の経済大国として、国際社会の発展に寄与し続けています。 そしてフランス語は、フランス本国だけではなく、ベルギー、スイス、カナダ、アフリカ諸国等の公用語であり、国連を始めとする多くの国際機関や、ファッション、スポーツ等の多彩な分野で、 共通語として用いられています。特に、今後の世界で政治的経済的に最も重要な存在になるであろうアフリカ諸国においては、実は英語以上に、最も広く用いられている言語なのです。
フランスと日本の関係に目を転じれば、2010年のフランスの対日投資は、アメリカに次いで世界第2位であり、逆に日系企業の約430社が、約650拠点をフランスに設置しています。 そのうち、愛知県内の企業は、37社、59拠点にも上ります。今や英語は出来て当たり前の時代、それにプラスしてフランス語を学び、フランス語圏の文化・社会に精通することで、国際的な舞台で活躍し、 かつ地域社会にも貢献する、「真のグローバル人材」を目指してみませんか。

先輩インタビュー

古川さんの写真

ヨーロッパ学科フランス語圏専攻 古川さん
愛知県立半田高等学校出身 2016年4月入学

フランス語に関する授業は少人数制で、質問がしやすく、学びやすい環境になっています。
文法の授業では、日本人の先生が熱心に一から文法や発音の基礎を教えてくださいます。
また、ネイティブの先生との授業もあり、流暢なフランス語を聞いたり話したりする機会があります。
そして、言語だけでなく、歴史・文化・文学・政治といった知識も学ぶため、フランスという国をいろいろな角度から考えることができます。

在学生・卒業生からのメッセージを多数掲載!「県大LIVE」

pagetop