愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

ヨーロッパ学科 スペイン語圏専攻

Department of European Studies Division of Spanish and Latin American Studies

スペインとラテンアメリカ、広大なスペイン語圏の知識を深め、
国際舞台での活躍をめざす。

スペイン語人口は20以上の国・地域の4億人に上り、世界第2位。アメリカ合衆国内のヒスパニック(ラテンアメリカ系移民)は約5千万人以上、人口の16%。ブラジルのGDP(国内総生産)は世界第6位。 ラテンアメリカのGDP合計はASEAN諸国全体の2.5倍。スペイン語の重要性は世界中で増しています。日本国内をみても、特に愛知県ではスペイン語やポルトガル語を話せる地域の人材が必要とされています。
スペイン語圏専攻では、実践的な場で使えるスペイン語能力とスペイン・ラテンアメリカに関する深い理解をいかして、企業・行政・教育などの分野でグローバルに活躍し、 地域と国際社会を結ぶことができる人材の育成をめざしています。
3年次からは、専門性を高めるためにコースに分かれます。スペシャリストとしての高度なスペイン語運用能力とスペイン語で表現される文化への理解を深める言語・文化コースと、 社会科学的な応用力を養いつつスペイン・ラテンアメリカからヨーロッパまたは新興国へと視野を広げる社会コースが用意されています。ポルトガル語やブラジルの文化・社会についても学ぶことができます。 言語を通じて幅広い国・地域について専門的に学べるのがスペイン語圏専攻の特徴です。スペイン語を武器に、みなさんの世界を一層広げてみませんか。

先輩インタビュー

河村さんの写真

ヨーロッパ学科 スペイン語圏専攻 河村さん
愛知県立御津高等学校出身 2017年4月入学

スペイン語圏専攻の先生はいつでも熱心に指導してくださいます。そんな先生方や生徒も個性豊かでユニークな方が多く、毎日刺激を受けています。一年生のカリキュラムは、第一にスペインおよび中南米に関する基礎知識の習得です。具体的にはスペインや中南米の社会や文化など各分野の研究を学びます。第二に、以上の研究を行う上で不可欠なスペイン語を習得するため、基礎文法と会話の集中的な講義を受けています。


松本さんの写真

ヨーロッパ学科 スペイン語圏専攻 松本さん
愛知県立江南高等学校出身 2017年4月入学

大学生活で特に印象に残ったのは、スペイン語学科で行った春の合宿です。1年生は5月に2日にわたる新入生歓迎合宿があり、大学の近くの研修施設で行われました。 スペイン語学科の先輩の留学体験談や卒業生の方々の卒業後の進路について聞き、4年間の大学生活の計画を立てることもできた、とても有意義な時間だったと思います。キャリアについて考えることができたのはもちろん、サルサの先生が来てくださり、みんなでサルサを踊ったりとスぺ科らしいことも学べた良い機会になりました。

在学生・卒業生からのメッセージを多数掲載!「県大LIVE」

pagetop