教育福祉学部

社会福祉学科

総合科学としての社会福祉。知識と経験を融合させ、豊かな人間性を身につける。

大学で学ぶ社会福祉学は、福祉社会を充実するための科学的な基礎理論から、対人援助のための方法や技術といったものまで、幅広い領域を含んでいます。

さらに、本学の社会福祉学科では、従来から福祉の対象であった子ども、高齢者、障害者、女性、生活困窮者については無論のこと、現代的な課題である新来の外国人住民やひきこもりに関する理論と実践に関する研究活動を広く展開しています。

こうした本学科の特徴を活かし、人材育成においては、社会福祉に関する広い視野と見識を持った人材、特定の福祉領域で一層専門性が発揮できるような人材、あるいは、社会福祉にかかわる政策立案や、新たな事業を企画・遂行できる実践的な人材の育成に力を入れています。