外国語学部

外国語学部

外国語学部は、21世紀に対応した
「グローバル人材」育成を推進します。

 外国語学部は、国際化と多文化共生への対応が強く求められる今、国際社会と地域社会の両方に幅広く貢献出来る人材を育成することを目指しています。

 英米学科、ヨーロッパ学科フランス語圏専攻・スペイン語圏専攻・ドイツ語圏専攻、中国学科、国際関係学科での学習は、6割を超える授業が20人以下の少人数教育で実施され、 専攻外国語と少なくとももう一つの外国語の、高度で実用的な運用能力を習得すると共に、専攻する地域の社会と文化、さらには国際社会と地域社会のあり方について理解を深めます。

 つまり、豊かなコミュニケーション能力を身につけ、グローバルかつローカルな視点を持つ、真の意味での国際人の育成が、本学部の目的なのです。

先輩に県大での生活を聞いてみました!

国際関係学科 河島さん

活動的でエネルギーあふれる河島さん
(2012年度入学・岐阜北高校出身)に
県大についてインタビューしました。

夢を具体化させるために、さらなる「知恵」と「経験」が必要だった。

Q: なぜ県大を選んだのですか?
A: 私には「世界の人々と手を携え、人のために、世界のために働きたい」という夢があり、国際関係学科しか目指していませんでした。国際関係学科は、全国的に見ても国公立大では比較的珍しい学科です。高校3年間の志望校調査でも、国際関係学系統しか書いたことがありません。ひとつの学問に絞ってやりたくなかったのです。そして高校生の時点で、ある専門で一生を生きていくという見通しが立ちませんでした。…