外国語学部

外国語学部 教員

氏名 鈴木 隆 (すずき たかし:Suzuki Takashi)
生年 昭和48年(1973年)
職位 准教授
学位 博士(法学、慶應義塾大学)
最終学歴 慶應義塾大学法学研究科政治学専攻
専門分野 政治学、中国政治
研究課題 1. 政党論、政治体制論、比較政治
2. 中国共産党研究
3. 東アジアの国際関係
研究業績 1. 〔単著〕『中国共産党の支配と権力 党と新興の社会経済エリート』慶應義塾大学出版会、2012年。
2. 〔共編著〕猪口孝・袴田茂樹・鈴木隆・浅羽祐樹編『環日本海国際政治経済論』ミネルヴァ書房、2013年。
3. 〔共編著〕鈴木隆・田中周編『転換期中国の政治と社会集団』国際書院、2013年。
4. 〔論文・単著〕「中国のガバナンス改革と『均質な国民国家空間の創成』」『国際情勢 紀要』第84号、2014年2月。
5. 〔研究コラム〕「中国政治研究の現状と課題」『東京大学東洋文化研究所 アジア研究情報ゲートウェイ』ウェブサイト、2013年12月。
所属学会 1. 日本国際政治学会
2. アジア政経学会
学会活動・社会活動 1. 月刊誌『東亜』連載コラム執筆メンバー(2014~15年、各3・6・9・12月号)。
2. 〔メディア取材等〕論説、「日中関係の現状と課題―最近の動向を手がかりとして」『東京財団』ウェブサイト、2014年12月26日。(英語版 “Post-Summit Prognosis for Japan-China Relations,” The Tokyo Foundation, February 25, 2015.)
3. 〔メディア取材等〕論説、“Uighur Question and Why Beijing's Policies in Xinjiang Are Not Working,” The Asahi Shimbun, September 10, 2014.(朝日新聞・英語版ウェブサイト、日本語版「中国・新疆ウイグル統治、共産党支配の論理とその限界」朝日新聞WEBONZA、2014年9月23日。)
4. 〔メディア取材等〕論説、“Bo Xilai Trial Marked the End of a Power Struggle,” The Asahi Shimbun, October 9, 2013.
5. 〔メディア取材等〕論説、“Xi Jinping's Challenge: The Survival of the Chinese Communist Party,” The Asahi Shimbun, December 7, 2012.
受賞歴 1. 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所、第34回(2013年度)「発展途上国研究奨励賞」(拙著『中国共産党の支配と権力』慶應義塾大学出版会、2012年刊、に対して)。
Eメールアドレス t_suzuki[at]for.aichi-pu.ac.jp
([at]を@に書き換えて送信してください)