大学院

看護学研究科

高度な専門知識と技術で優れた看護学基礎研究・応用研究で看護実践の質向上に貢献する。

看護学専攻

博士前期課程

専門分野として、看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学、広域看護学、ウィメンズヘルス・助産学をおき、各専門分野は1~3の研究分野によって構成されます。

各研究分野は研究コースを開設し、成人慢性期看護学、小児看護学、老年看護学及び精神看護学研究分野には専門看護師コース(がん看護・家族看護・老人看護・精神看護)を、看護管理学には認定看護管理者コースを、ウィメンズヘルス・助産学研究分野には高度実践コースを開設しています。

博士前期課程では、優れた看護学研究者、看護学教育者を育成すると共に、高度な専門知識と実践力を備え、看護実践の指導的役割を担うことができる人材を育成します。

博士後期課程

博士後期課程には「看護学分野」を設置し、博士前期課程の看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学、広域看護学の4専門分野がこれにつながります。
臨床ケアシステム、家族ケアシステム、周産期ケアシステム、高齢者ケアシステム、コミュニティケアシステム、看護技術教育学、看護管理学の専門科目を中心として、看護ケア基礎科学と共同して、看護実践の質向上に貢献する優れた看護学基礎研究・応用研究を実施できる構造としています。
これらの研究成果を発信すると共に、看護学研究者・教育者を育成し、研究成果が医療において活用されるように、高度な専門知識と実践能力、企画管理能力を備えた人材を育成します。

オリジナルサイトもご覧ください