看護学部

看護学部

看護の知識と技術、豊かな心で人々の健康を支援する。
いま、医療の世界への扉が開かれる。

看護学部では、21世紀の国際社会、少子高齢社会で活躍する優秀な看護専門職として、
すべての人に対する思いやりと人間愛を育み、人間相互の信頼関係のもとで、保健医療福祉施設、在宅、地域などの様々な場において、科学的・理論的かつ倫理的に判断し、看護を展開できる人材の育成を目指しています。

このために、科学的思考と科学的問題解決能力、人間を全体的・総合的にとらえ、個別性に対応して生活の質を考慮した看護を行える能力、科学的根拠に基づいて実践する能力、保健医療福祉システム全体の中で看護を位置づけ調整的役割を果たす能力、国際社会で人々の健康の保持・増進に寄与できる能力を養います。