[2009.1.5更新]

今月の5冊へ先月までの5冊へタイトルリストへ

書名のリンクは図書館所蔵です。別ウィンドウが開きます。

2009年1月の5冊


 

 

『羊の歌』・『続 羊の歌』 加藤周一著

岩波書店(岩波新書) 1968年 [請求記号:080/689/19080/690/19]

 日本の戦後を代表する知識人であった加藤周一さんが昨年12月5日に亡くなりました。89歳でした。私にとっては、20代前半から40代前半まで文字通り「私淑する(直接教えは受けたことがないのに、ひそかにその人を師として尊敬し、模範として学ぶ)」という表現にふさわしい人であっただけに、12月6日の朝日新聞夕刊一面の死亡報道を目にした時には、感慨も一入(ひとしお)でした。英独仏の外国語を自由に読み話し、和漢の古典にも通じて森羅万象を明晰に語ることのできた、日本には数少ない百科全書的な知識人=generalistであった加藤周一さんに、私は憧れました。今にして思えば、そのことは、研究者=specialistの道を歩んだ私にとってむしろマイナスに作用したと言えるかもしれません。20世紀後半以降の複雑・多様化する社会の中にあって、普通の人間にできることは、specialistになるために限られた知的資源を職業生活に集中することで、generalistというポジションは加藤周一さんのような大きな器の人にのみ許された特権だったことが、今なら分かるからです。しかし、私はこの種の「憧れ」に取りつかれた青年期・中年期を悔いてはいません。彼の膨大な著作群と出会わなければ、私の人生は今よりももっと貧しいものであったでしょう。それほど大きな存在であった加藤周一さんへの「お別れ」の意味もこめて、彼の代表作の『羊の歌』、『続羊の歌』を今月は紹介します。
 加藤周一(以下敬称略)はその著作の中で私事を語ることに驚くほど禁欲的であった人です。それは、成熟した知的関心は内側の「私が何者であるか」や「私がどう感じるか」を語ることに向けられるべきでなく、外側の「対象が何であるか」や「対象はなぜかくあるのか」に向けられるべきと彼が考えていたからであろうと思います。人生の前半(30歳ぐらいまで)を自然科学者(血液学)として生きたことも、この姿勢と関係しているのかもしれません。その彼が、40代の後半になって初めて(そしてそれが最後でもあったのですが)、自分の人生の来し方を語ったのが、『羊の歌』とその続編『続羊の歌』です。それは、人生の後半の入り口にさしかかって「懐旧の情」がにわかに湧いたからでなく、「私」を標本としてこのような「日本人が成り立ったのは、どういう条件のもとであったのか」を明らかにするためであったと、「あとがき」では説明されています。つまり『羊の歌』は、自らの「感覚的・主観的な世界」を主観的にたどり直す感傷的な自己確認のためでなく、この「感覚的・主観的な世界」を対象化し、その客観的な成り立ちを自己認識するための試みでした。おそらく、この本が他のどんな自伝とも異なるのは、このような厳しい姿勢に貫かれて「私」が語られているという点にあります。
 前半の『羊の歌』では、東京の山の手の医者の家に生まれた著者が小学校5年から飛び級して東京府立一中に入り、一高、東大に進み、戦争中に医学部内科教室の副手となって敗戦を迎える26歳までの半生が語られています。これだけの経歴を目にしただけでも、雲の上のエリートの自伝のようで、凡人の私たちは読む気を殺がれてしまいそうですが、そこに自負や驕りなどの嫌みな印象を少しも感じないで読めるのは、上で述べた著者の自己への厳しい距離の取り方があるからだろうと思われます。むしろ、幼いときの友だちに対する小さな裏切りへの自己嫌悪や、クラスで優等生を競っていた相手が大工の息子で、家では目いっぱい仕事の手伝いをしていて、恵まれた自分との競争が全くフェアな競争ではなかったことを知ったときの後ろめたさなどが丹念に語られているのを読むと、後年の著者が怜悧な知性だけの人でない、優しさの人でもあったことに読者は納得し、好感をもつことでしょう。
 後半の『続羊の歌』では、敗戦直後の広島での原爆被害調査団の一員としての経験、フランス留学、西欧文化の発見、厳しい東西冷戦の現実、恋愛、帰国後の日本文化への関心、医学を捨てて文学の道を志すまでが語られます。ここには、文化の多様性への関心を広げて大知識人へと育っていく加藤周一その人の姿が描かれています。

 加藤周一を系統的に読みたい人には、『加藤周一著作集』全24巻(平凡社)があります。代表作『日本文学史序説』と『日本美術の心とかたち』もこの著作集に入っていますが、私のお薦めは、後者の著作をジブリLibrary社がカラー図版を多数入れて出版した『日本 その心とかたち』のほうです。美しい絵を見ながら日本美術の明快な通史に親しむことができます。なお、著作集には入っていない最後の著書『日本文化における時間と空間』(岩波書店)もすばらしい本です。

(学術情報センター長 加藤義信(文学部児童教育学科))

 

『英語より日本語を学べ : 焦眉の急は国語教育の再生だ』 竹村健一・斎藤孝著 [請求記号:370.4/Ta63]

太陽企画出版 2006年

 (社)日本雑誌協会(http://www.j-magazine.or.jp/)の分類に男女共通・一般社会人対象誌という区分があり,総合月刊誌はこの区分に含まれています.私は大学生の頃から,総合月刊誌『文藝春秋(文藝春秋社)』,『中央公論(中央公論新社)』,『現代(講談社)』の何れかを読むようにしてきました.私に教養がないために記事の背景がわからないことや,文章が高尚すぎて理解できないこともありましたが,その度に,調べるなり考えたりして,読みこなすようにしていました.その際,つくづくと自信の日本語力のなさ,同時に日本語の奥深さを感じていました.今月紹介する本は,日本語の大切さを説いています.この本では,もちろん英語を使うことができるようになった方が良いが,まずは日本語であると提言しています.日本語の大切さは,紹介図書だけでなく[1]にも書かれています. 日本語の学び方の本はわかりませんが,[2]には,米Googleアメリカの副社長兼日本社長の英語の学習法(時間をかけて愚直に学ぶ)が書かれています.新しいことの学び方は,人によって違うでしょう.たぶん,人の数だけあると思います.皆さんは,卒業後も,社会常識やビジネス知識を,学ばなくてはならない時代に生きています.新しいことを,講義だけでなく,読書などにより独学で学んだという経験をしておくと,卒業後も役立つと思います.
 さて,上記の『現代』は2009年1月号をもって休刊となりました.その表紙には「42年間,ご愛読ありがとうございました」と「最終号」と書かれています.私は,雑誌の創刊号は,編集サイドの創刊エネルギーが込められているせいでしょうか,充実したものが多いなと感じていましたが,今回の最終号で発見したことは,最終号も,これまでの思い入れが入っているためでしょうか充実しているなということです.
 現代休刊について,図書業界では,インターネット普及などで,雑誌ジャーナリズム離れがとまらないということの象徴だととらえられています.世の流れとはいえ,歯ごたえがある雑誌がなくなるのは寂しいなと感じる年末です.

[1]藤原正彦,『祖国とは国語』,新潮文庫,2005.
[2]村上憲郎,『村上式シンプル英語勉強法 : 使える英語を、本気で身につける』,ダイヤモンド社, 2008.

(学術情報センター長補佐 奥田隆史(情報科学部地域情報科学科))

 

『嘘発見器よ永遠なれ : 「正義の機械」に取り憑かれた人々』  [請求記号:317.953/A41]

ケン・オールダー著 早川書房 2008年

 ある事件があり、大学の図書館を巡回していたときに目に飛び込んできた本が『嘘発見器よ永遠になれ』であった。図書館の見学者に「図書館は必要な本を見つけるだけでなく、探している本の横に人生を変えるような素敵な本に偶然出会うのも図書館の魅力です。」と話していたことを実感した。
 「嘘発見器」はご存知のとおり呼吸・脈拍・血圧など複数の生理現象を電気的または物理的なシグナルとして計測・記録する装置である。刑事ドラマや海外のスパイ映画に出てくることを目にすることはあるが、日本では実際に体験したりすることはまずない。しかし、なぜかアメリカでは年間100万件(日本では5,000件程度)ほど嘘発見器を使用している。
 1920年代にジョン・ラーソンにより発明され、当時は犯罪者を見抜く明確な手法が確立されていないため、この機器は重宝され判決の上で重要な役割を果たしたが、質問の方法や容疑者の心理状態で嘘を特定できないことから、罪なき人を犯罪者にしてしまったりすることもあり、当時から廃止の議論も根強くあるにもかかわらず、アメリカの社会では容疑者の尋問、軍隊や会社への忠誠心や機密保持、赤狩り、同性愛者狩りなどさまざまな場面でこの機械が不正のない尋問手段として使用し続けてきたのは驚く限りである。
 本書は366ページに及ぶ長編であるが、一気に読みたくなるような高揚感を抱かせる本であった。何故ならば、実際の事件での使われ方の解説だけでなく、科学的意義を捉え考察している。また、研究者自らが嘘を見破る仕事を進める結果、猜疑心を深めることになり、悲劇的な最期を迎えるなど研究者の葛藤や嘘発見器の時代ごとの評価の変遷などリアリティあふれる描写が読み手に迫ってくる。
 近年中に「裁判員制度」が実施される中で、真実を見極めることの本質を多くの日本人が体験することになるが、その際に、容疑者の脳の活動も測定できる進化した「嘘発見器」の導入も十分ありえるような気がする。

   久しぶりに、いろんなことを気づかされ、考えさせられた本であった。
 学生の皆さん、本との出会いを体感してみませんか。本学の図書館はそんな発見を保障します。
 これは「嘘」ではありません。 

(学術情報センター 春日井)

 

『π(パイ)の神秘』 [請求記号:414.12/B55]

デビッド・ブラットナー著 アーティストハウス 1999年

 皆さんも円周率「π」の暗唱をしたことがあるでしょうか。海外では、単語の文字数で記憶するそうです。日本でも語呂合わせで、世界記録10万桁を達成した方がいるそうです。
 この本によると、πの探求には、4000年の歴史があるといいます。円と正方形は、もっとも身近な図形だと思いますが、その性質は対極で、円は無限を意味し、正方形は有限を意味すると冒頭で述べています。人間がπを追求する、その歴史と悲喜劇がこの本のテーマです。
 πの探求の歴史は、紀元前に始まり、小数点以下100桁に達したのは18世紀初頭です。1945年に紙とペンで1年をかけて530桁だったのが、1948年には、わずか70時間で2000桁にまで達しました。この飛躍的な進歩は、電子計算機の登場によるものです。そして、1973年に100万桁を達成し、20世紀末に500億桁を突破しています。すなわち、πの探求は、数学者にとっての神秘ではなくなってしまったのです。
 なお、この本には円周率100万桁が掲載されています。全て暗記できれば、きっとギネス・ワールド・レコーズに登録されるでしょう。

(学術情報センター利用案内室 浅野)

 

『その他の外国語 : 役に立たない語学のはなし』 [請求記号:804/Ku72]

黒田龍之助著 現代書館 2005年

 役にたつ外国語って何でしょう?今の時代、外国語と言えば英語、英語ができると受験、資格試験、就職などに有利と、語学をなんらかの価値と結びつけようとする傾向があります。「○○語なんて何の役にたつの?」ということばも時々耳にします。言語学・ロシア語学者である著者は、とにかく言語が大好きなのです。特に地味でマイナーと思われる言語を応援していて、それらに囲まれて毎日暮らしています。この本は外国語学習に関するエッセイ集ですが、テーマは「言語とつき合うのは楽しい」。お気に入りの国の文字がわかればその国の雑誌、小説、漫画も読める、発音がわかれば歌が歌えるし映画も見られる。好きな国がもっと身近に感じられる喜びをゆっくりと楽しむことが外国語学習の醍醐味!という著者の声が聞こえてきます。また、中東カタール放送局のアル・ジャジーノのニュースを毎日聞く、海外の博物館では多言語パンフレットを必ずもらう、自分だけの「外国語記念日」を作るなど、外国語とのユニークつき合い方にも心惹かれてしまいます。
 書店の語学書コーナーの一番すみっこにある「その他の」外国語の棚にひっそり並んでいる本の中から、「どれにしようかな?」と小さな言語をそっと取り出してみたくなる、そんな1冊です。

(学術情報センター図書館 西脇)