先月までの5冊へタイトルリストへ

書名のリンクは図書館所蔵です。別ウィンドウが開きます。

2018年1月の5冊


 今月のテーマ:写真集


写真集
 
      1月、新しい年になりました。気持ち新たに元気にいきたいですが、寒い日が続くと外に出るのも億劫になりますね。加えて学生の皆さんは試験や卒業論文などの準備で忙しい月で、中々遊びに行く時間もないかもしれません。そんな時は写真集を眺めてはいかがでしょうか。気分転換にもなりますし、空いた時間で手軽に新しい世界を知る事ができます。

(P.N.香香)


『写真』 [請求記号:080/8/8]

岩波書店編集部 編集[監修:名取洋之助 写真:木村伊兵衛,岩波映画製作所]岩波書店, 1950 (岩波写真文庫:8)

豊富な写真と共に、写真の見方をやさしく、かつ独特な視点で教えてくれる本。この岩波写真文庫シリーズは、戦後間もない社会の様子が分かり興味深いです。

『世界の美しいきのこ』  [請求記号:474.85/H91]

パイインターナショナル,2013

おとぎ話にでてきそうな、美しいキノコが盛りだくさんです。ただし、毒性、または不明の物がほとんどです。見た目に騙されてはいけません。

『芸術家たちの肖像 : ロベール・ドアノー写真集』 [請求記号:748/D83]

ロベール・ドアノー写真・文;堀内花子訳.岩波書店,2010

ピカソ、ユトリロ、藤田嗣治といった芸術家達の肖像写真集。優れた洞察力を持つ写真家ドアノーが写すと、一般的に知られている姿とは異なる面が伺えます。

『パンダ』 [請求記号:748/I92]

岩合光昭写真・文.新潮社,2007

著名な動物写真家、岩合光昭氏によるパンダの写真集。パンダの愛くるしく、かつ野性的な姿に目が釘付けになります。

『叙情都市名古屋 : 木村一成写真集』 [請求記号:748/Ki39]

木村一成著.歴遊舎,2011

「魅力のない都市」に選ばれた名古屋ですが、こんなにも抒情的で人情味あふれる側面があるのか、と気づかされる美しい写真集。