愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

日本文化学部国語国文学科の本橋裕美准教授が受賞した 第6回池田亀鑑賞の授賞式が行われました。

 日本文化学部国語国文学科の本橋裕美准教授が受賞した第6回池田亀鑑賞の授賞式が、6月24日(土)鳥取県日野郡日南町・日南町総合文化センター多目的ホールにて行われました。

 この賞は、前年度に発表された平安文学に関する学術図書、研究論文、資料整理及び資料紹介に対し、学界に寄与したと評価される作品から選定されるものです。本橋准教授の著書「斎宮の文学史」(翰林書房 2016年)は、斎宮を視点として幅広く物語文学を辿り、物語の分析を通して斎宮の生き方や思想を明らかにしようとしたもので、平安時代から中世後期に至る、主として物語文学に登場する斎宮像を丹念に考察したものです。授賞式では、これまで歴史学や宗教学の研究者がおこなってきた斎宮の通時的な研究を、文学研究の観点から精緻に行ったものであるとの受賞理由が発表されました。

本橋准教授授賞式_1.JPG 本橋准教授授賞式_2.JPG

ニュース一覧

pagetop