愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

情報科学部1年生が、愛・地球白記念公園(モリコロパーク)と東部丘陵線(リニモ)の「魅力化計画」をテーマにしたプレゼンテーションを行いました。

情報科学部1年生が、専門科目「メディアプレゼンテーション論」(担当:小栗宏次教授)の一環で、愛・地球白記念公園(モリコロパーク)と東部丘陵線(リニモ)の「魅力化計画」をテーマにしたプレゼンテーションを行いました。愛知県と長久手市、愛・地球博記念公園管理事務所、愛知高速交通などの代表者が審査員を務め、計13の学生グループはそれぞれパワーポイントを使ったプレゼンテーション(インタラクティブ部門)と独自に作成した動画による発表(ムービー部門)を行いました。

モリコロ インタラクティブ部門では、AR(拡張現実)技術を使グループがった公園内のウォーキングイベントを提案したグループが、また同 ムービー部門では、モリコロパークのホームページの改善を提案したグループが表彰されました。

また、リニモ インタラクティブ部門では、名古屋弁での社内アナウンスを提案したグループと季節に合わせたドアの開閉音を提案したグループが表彰され、同 ムービー部門では、利用者がカーブでバランスを崩さないようつり革の代用となる取り外し可能なS字フックを駅構内で貸し出すアイデアを提案したグループが表彰されました。

IMG_9212.JPG IMG_9228.JPG

ニュース一覧

pagetop