愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

本学の学生グループが、大学生観光まちづくりコンテスト全国大会ポスターセッションに出場しました。

 外国語学部国際関係学科と情報科学部の学生グループが、9月15日(金曜日)に開催された、「大学生観光まちづくりコンテスト・インフラツーリズムステージ」で全国大会のポスターセッションに選出されました。ポスターセッションに出場したのは、「チームいっとこなめ」(外国語学部国際関係学科3年の後藤真由さん、和泉里沙さん、荻原理夏子さん、情報科学部3年の伊藤璃香さん、山下茜さん)です。このチームが作成・応募したプランは、常滑市の観光活性化を目指した「やきもの散歩道を活用した謎解きフェスティバルの開催」です。常滑市役所での聞き取り調査や現地フィールドワークを基にして提案したものです。
 2017年度大学生観光まちづくりコンテスト「インフラツーリズムステージ」は、54大学98チームがエントリーし、予備審査を経て、10チームが本選に進出しました。「チームいっとこなめ」は本選は逃しましたが、全国大会でのポスターセッション30組に選出されました。
 また、10月11日の「学生自主企画研究中間発表会」でも本発表について紹介されました。ひきつづきチームメンバーは、常滑市の観光プロモーションに取り組んでいます。

IMG_9135.jpgJTBポスターセッション写真.png

参考「大学生観光まちづくりコンテスト2017」
http://gaku-machi.jp/

ニュース一覧

pagetop