愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

あいち国文の会「吉野裕子『蛇』・安田喜憲『蛇と十字架』を読む-縄文人の"蛇"観を考える-」を開催しました。

あいち国文の会第186回研究会として、「吉野裕子『蛇』・安田喜憲『蛇と十字架』を読む-縄文人の"蛇"観を考える-」と題し、赤羽一郎氏(愛知淑徳大学非常勤講師)の講演を開催いたしました。

20名以上の聴講者を前に、吉野裕子氏による民俗学研究と出会った、安田喜憲氏の考古学における"蛇"について解説しました。

IMG_3562.jpg

次回あいち国文の会は、下記のとおり開催予定です。
 日時:3月14日(水)10:30~12:00
 場所:長久手キャンパス 外国語学部棟(E棟)3階 E305
 発表者:逵 志保氏(愛知県立大学非常勤講師)
 題目:「いまを生きる中韓日の徐福伝説」

ニュース一覧

pagetop