愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

大学院情報科学研究科の教員と学生がチームを組んで、ロボットの国際大会『World Robot Summit(WRS)』に参加します。

大学院情報科学研究科の小林邦和教授、鈴木拓央講師、及び同研究科博士前期課程1年の上村祥之さんが、10/17(水)~10/21(日)に開催されるロボットの競技会と展示会の国際大会『World Robot Summit 2018(WRS2018)』(東京ビッグサイト)に参加します。

小林・鈴木研究室に所属する3名はチーム「Kobayashi-Suzuki Lab」を結成し、競技会『World Robot Challenge(WRC)』のサービスカテゴリー『フューチャーコンビニエンスストアチャレンジ』に参戦します。

同チームはトヨタ自動車株式会社と共に実用化を目指している生活支援ロボット「HSR」を使用し、同チームが得意とする点群処理技術・画像処理技術を応用することで、コンビニエンスストアに関する様々な課題に挑戦します。

詳細はこちらをご覧ください。(WRS2018の公式ウェブサイトにリンクします。)

ニュース一覧

pagetop