愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

県大シーズ

外国人への日本語支援、プロジェクト型研修の設計

宮谷 敦美 教授
(ミヤタニ アツミ)
外国語学部 国際関係学科

研究シーズ

外国人とのコミュニケーション場面における問題解決(例: 日本人と外国人が共に働く組織における問題解決、外国人に対する(主に日本語を使っての) 窓口業務での改善) など、グローバル化が進んだ業務の現場で実際に起きる問題について、日本語教育の立場から、解決する方法を探っていきます。これまで、地域での日本語ボランティアの育成や日本語の教材開発などを手掛けた経験があります。外国人の日本語能力を向上させるという観点だけでなく、日本人が外国人や世代の異なる日本人に対してどのように話せばわかりやすいかという点も重視しています。
もう一つのテーマは、地域、産業界、自治体など複数の団体の連携による協働教育プログラムの開発です。これまで、地域の企業や自治体と協力した多言語プロジェクトを実施してきました。人材育成のための実践的なプログラムを、インタラクショナル・デザインの観点から共に設計することが考えられます。

研究内容・課題

大学生と若手職員(企業人) との共同研修の設計や、自治体における「やさしい日本語」による広報作成のための指針作り、日本語ボランティア研修設計などの活用が考えられます。

研究キーワード

日本語教育 外国人住民支援 多文化共生 アクティブラーニング

研究者になるきっかけは?

高校生のころ、新聞で「簡約日本語」に関する記事を読み、日本語教育に興味を持ちました。最初は、日本にいながら多くの国の人とコミュニケーションできる仕事は楽しそうだと思い進学先を決めましたが、大学で日本語教育を学ぶ間に、ことばから見える価値観や考え方に興味を持ち、もっと知りたいと思うようになりました。

研究内容を大学での教育や、地域・社会にどのように還元していますか?

教育実践自体が研究対象ですので、授業に関する学生からのフィードバックを得て新しい実践をすることは私のライフワークです。地域の日本語ボランティア教室への研修なども行っています。また、自治体や企業と連携して、PBL型の学びを設計し、その成果を実社会で活用する試みも行っています。

学生や高校生にひとこと!

毎日の生活で心にひっかかったことや困ったことについて、立ちどまって考えてみてください。それが研究の入口です。

pagetop