愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

学修成果の評価、GPA制度

学修成果の評価

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げる資質・能力の修得状況を、授業および修士論文・博士論文において把握し、それに基づいて学修成果を評価する。
・授業の成績はS・A・B・C・Dの5段階で評価する。成績評価基準と判定は以下のとおりである。

評価 成績評価基準 GP 判定
学修内容を応用することができる。 5点 合格(単位認定可)
学修内容を活用することができる。 4点
授業内容を理解し自らの言葉で説明ができる。 3点
授業内容を概ね理解している。 2点
授業内容を十分に理解していない。 0点 不合格(単位認定不可)

・学部学生の学修到達度は、成績評価基準、GPA(Grade Point Average)および卒業論文・卒業研究に基づいて測定する。
・大学院学生の学修到達度は、各研究科の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)に基づき成績評価基準、GPAおよび修士論文・博士論文の論文審査基準により測定する。論文審査基準は各研究科別に定める。

GPA制度

GPA(Grade Point Average)制度とは、履修した科目の成績評価をGP(Grade Point)に置きかえて、その平均を数値で表わすものです。本学では、GPAを以下の数式で数値化します。

GPA = 5点×評価Sの単位数+4点×Aの単位数+3点×Bの単位数+2点×Cの単位数
評価Sの単位数+Aの単位数+Bの単位数+Cの単位数+Dの単位数
  • GPA算入対象科目は自身が所属する学科・専攻の履修規程別表にある教養教育科目と専門教育科目です。他学部・他学科・他専攻および他研究科開設科目は含まれません。
  • 自身が所属する学科・専攻の履修規程別表にない免許・資格に関する科目は含まれません。
  • 成績評価が「N(認定)」となった科目は含まれません。

pagetop