愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

学修の評価、卒業認定基準等(履修規程)

大学院看護学研究科履修規程

(趣旨)
第1条

愛知県立大学大学院学則(以下「学則」という。)第24条及び第28条に定めるもののほか、愛知県立大学大学院看護学研究科における教育研究目的、研究指導、授業科目、単位数及び履修方法、並びに保健師助産師看護師学校養成所指定規則(以下「指定規則」という。)に係る事項については、この規程の定めるところによる。

(専門分野)
第2条

博士前期課程に看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学、広域看護学及びウィメンズヘルス・助産学の専門分野を置く。
2 博士後期課程に看護学分野を置く。

(指定規則に係る事項)
第3条

ウィメンズヘルス・助産学専門分野は、助産師学校として文部科学大臣の指定を受け、その入学定員は7名とする。
2 ウィメンズヘルス・助産学専門分野の職員は、学則第7条に基づき看護学研究科の職員をもって充て、助産師資格を有する教授、准教授及び講師から3名以上を専任教員として充てる。 3 ウィメンズヘルス・助産学専門分野への入学資格は、学則第15条各号のいずれかに該当する者であって、かつ保健師助産師看護師法第21条各号のいずれかに該当する者とする。

(教育研究目的)
第4条

博士前期課程では、看護学分野における精深な学識と研究能力を養い、研究者、教育者及び高度専門職業人を養成する。
2 博士後期課程では、博士前期課程での教育研究を基礎に、看護実践の質向上に貢献する優れた看護学基礎研究及び応用研究を行うことのできる看護学研究者並びに教育者を育成する。

(研究指導)
第5条

看護学研究科は、研究指導を行うために、学生ごとに指導教員及び副指導教員を定める。

(博士前期課程の授業科目及び単位数)
第6条

看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学及び広域看護学専門分野に研究分野を置き、人材育成の目的に応じて研究コース、専門看護師コース及び認定看護管理者コースを開設し、その授業科目は別表1のとおりとする。
2 ウィメンズヘルス・助産学専門分野に研究分野を置き、人材育成の目的に応じて研究コース及び高度実践コースを開設し、その授業科目は別表2のとおりとする。なお、助産師国家試験受験資格を得ようとする者は、博士前期課程修了要件に加えて、助産選択科目28単位を修得しなければならない。 3 単位の計算は、演習・実習・実験、特別研究及び総合研究は30時間をもって、その他の授業科目は15時間をもって1単位とする。ただし、実習は45時間をもって1単位とする。

(博士後期課程の授業科目及び単位数)
第7条

博士後期課程の授業科目は別表3のとおりとする。
2 単位の計算は、演習及び特別研究は30時間をもって、その他の授業科目は15時間をもって1単位とする。

(修了必須単位)
第8条

博士前期課程においては、次の第1号から第3号の32単位以上を修得しなければならない。
 (1) 共通科目から8単位以上  (2) 専門科目は、研究指導を受ける研究分野から18単位以上(研究コースにおいては演習・実習・実験6単位以上及び特別研究8単位を、専門看護師コース、認定看護管理者コース及び高度実践コースにおいては実習6単位及び総合研究4単位を含む。)  (3) 他の研究分野の専門科目(演習・実習・実験、特別研究若しくは実習及び総合研究を除く)から6単位以上  (4) 専門看護師コースにおいては上記を踏まえ、かつ共通科目は指定の科目から選択8単位、必修6単位を合わせた14単位以上、研究分野の科目及び他の研究分野の専門科目から分野別に指定される実習10単位以上を含む38から40単位の科目、及び総合研究4単位を修得しなければならない。  2 博士前期課程ウィメンズヘルス・助産学分野高度実践コースにおいては、次の第1号から第2号の60単位以上を修得しなければならない。  (1) 共通科目から8単位以上、専門科目から24単位以上、計32単位以上を修得しなければならない。  (2) 専門科目は、ウィメンズヘルス・助産学の研究分野の授業科目から18単位以上(演習・実習・実験6単位及び特別研究8単位又は実習6単位及び総合研究4単位を含む。)、関連科目の授業科目6単位を修得しなければならない。 3 博士後期課程においては、共通科目から2単位以上、専門科目から主とする科目2単位、副とする科目2単位、演習科目から看護学演習2単位、特別研究から博士後期課程特別研究6単位の計14単位を修得しなければならない。

(履修方法)
第9条

学生は、指導教員の指導の下に履修科目を決め、履修登録期間内に所定の様式により学務課へ届け出なければならない。
2 上位の学年に配置されている授業科目については、履修することができない。 3 博士前期課程の学生は、指導教員が有益と認めた場合、研究科会議の議を経て学部において開設する授業科目を年間2単位まで履修することができる。ただし、修了要件の単位数には含まないものとする。 4 学生は、履修届が承認された授業科目以外の科目は履修することができない。 5 既に単位を修得した授業科目については、再度履修することはできない。

(試験)
第10条

試験は、その授業科目の終了後に、筆記、口述、論文提出等の方法により行う。ただし、必要がある場合には、当該授業科目の開講期間内に随時に試験を行うことができる。
2 出席時間数が当該授業実施時間数の3分の2に満たない学生には、受験資格を与えない。 3 前項にかかわらず、実習については授業実施時間数の5分の4に満たない学生には受験資格を与えない。 4 病気その他やむを得ない事由により試験を受けることができなかった者については、研究科会議において、その事情が正当と認められた場合に限り、適宜の方法によって成績を評価する。

(博士前期課程修了要件)
第11条

博士前期課程においては、修了必須単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査又は特定の課題についての研究成果としての論文(課題論文)の審査及び最終試験に合格することを修了の要件とする。

(博士後期課程修了要件)
第12条

博士後期課程においては、修了必須単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格することを修了の要件とする。

(成績評価)
第13条

成績の評価は、試験等で行い、その評価はS(100点満点で90点以上)・A(80点以上90点未満)・B(70点以上80点未満)・C(60点以上70点未満)・D(60点未満)の5段階で表す。S・A・B・Cを合格として単位を認定し、Dは不合格として単位は認定しない。
2 単位修得の認定は、その授業科目の担当教員が行う。

(論文の提出及び審査等)
第14条

論文の提出及び審査については、別に定めるところによる。

(9月修了)
第15条

前期末に課程の修了要件を充足し、前期末に修了の認定を希望する者は、所定の期日までに「9月修了願」(様式1)を学務課へ提出しなければならない。
2 前項により9月に課程を修了しようとする学生は、指定された期日までに博士論文、修士論文又は課題論文を提出しなければならない。

(他の研究科又は他の大学院の授業科目の履修等)
第16条

学生は、指導教員が必要と認めたときは、研究科会議の議を経て、他の研究科又は他の大学院の授業科目を履修することができる。
2 前項の規定により修得した単位は、10単位を超えない範囲で課程修了の要件となる単位として認めることができる。

(他の大学院又は研究所等における研究指導)
第17条

学生は、指導教員が必要と認めたときは、研究科会議の議を経て、他の大学院及び研究所等において必要な研究指導を受けることができる。
2 前項の規定により研究指導を受けることができる期間は、修業年限の2分の1を超えない範囲とする。

(その他)
第18条

この規程に定めるもののほか、履修方法等に関し必要な事項は、研究科会議が定めるものとする。

附 則

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

附 則

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

附 則

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

附 則

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

pagetop