愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

大学院人間発達学研究科の3つのポリシー

人間発達学研究科 教育目標

人間発達学研究科は、「人間の尊厳と発達」をめぐる諸問題とりわけ現代社会におけるその危機的状況に関する問題構造の解明と解決策の探究および解決能力の育成を目的としている。また、その基盤となる諸科学を学際的に習得したうえで、教育・福祉の行政や実践に携わる現場職員や他分野の研究者との協働による研究・実践活動を企画実施する能力の育成を目指している。

人間発達学研究科 ディプロマポリシー

上記の教育目標に基づき、人間発達学研究科では、博士前期課程および後期課程において、院生がそれぞれの課程修了時に次のような力を獲得していることをディプロマ・ポリシーとする。

博士前期課程 博士後期課程

①人間発達学研究の基礎となる研究方法

②人間発達の諸原理とこれを保障するシステムおよび人間発達を支援する専門的・実践的諸領域における理論的基盤

③研究成果としての修士論文の作成 

①人間発達学に関わる個別専門領域の先端的研究成果の分析能力

②人間発達学の創造につながる新たな知見の発見・開発能力

③研究成果としての博士論文の作成

人間発達学研究科 カリキュラムポリシー

博士前期課程

1 人間発達学に関する研究方法の習得

2 人間発達学としての統合的な研究の保障

  • 1. 人間発達の原理とこれを保障する制度・政策・実践に関する諸理論の習得
  • 2. 人間発達を支援する専門的・実践的諸領域における理論的基盤と方法・技術の習得
  • 3. 現代的課題または院生の問題意識に応じた研究課題の探究→<研究指導>
  • 4. 教育・福祉の行政や実践に携わる現場職員や他分野の研究者との協働による研究・実践活動を企画実施する能力

3 高度専門職養成に対応するスペシフィックな知識・技能の習得

博士後期課程

1 人間発達学に関わる個別専門領域の先端的研究成果の習得

2 人間発達学の創造につながる新たな知見の発見・開発

3 人類の福祉と持続的発展に貢献する研究者像の醸成

人間発達学研究科 アドミッションポリシー

1. 求める学生像

博士前期課程 博士後期課程

1 教育学または社会福祉学に関する学士レベルの基礎知識を持つ人。

2 「人間の尊厳と発達」について探究しようとする人。

3 明確な研究計画を持ち、在学中に修士論文を作成する力を持つと想定される人。

1 人間発達学に関わる研究分野において修士レベルの基礎知識と研究能力を持つ人。

2 「人間の尊厳と発達」に関わる研究の地平を開拓し、その発展に寄与しようとする人。

3 明確な研究計画を持ち、在学中に博士論文を作成する力を持つと想定される人。

2. 入学者選抜の基本方針:「求める学生像」に基づき、各選抜試験を行います

  博士前期課程 博士後期課程
選抜試験種別 一般学生 評価する能力 

1.教育学または社会福祉学に関する基礎知識

2.「人間の尊厳と発達」の探究に関する課題意識

3.明確な研究計画と在学中に修士論文を作成する力

1.人間発達学に関わる研究分野における基礎知識と研究能力

2.「人間の尊厳と発達」に関わる研究の地平を開拓し、その発展に寄与しようとする課題意識

3.明確な研究計画と在学中に博士論文を作成する力

評価方法・

比重

外国語(英語)、口述試験

※外国語と口述試験の比重は1:2とする。 

外国語(英語または日本語)、口述試験

※外国語と口述試験の比重は1:2とする。

※外国語では英語と日本語のどちらか一つを選択。受験者は自分の第一言語(母語)を受験できない。

社会人学生 評価する能力 

1.教育学または社会福祉学に関する基礎知識

2.「人間の尊厳と発達」の探究に関する課題意識

3.明確な研究計画と在学中に修士論文を作成する力

 

評価方法・

比重

外国語(英語)、口述試験

※外国語と口述試験の比重は1:2とする。

社会人特別 評価する能力 

1.教育学または社会福祉学に関する基礎知識

2.「人間の尊厳と発達」の探究に関する課題意識

3.明確な研究計画と在学中に修士論文を作成する力
 

評価方法・

比重

小論文、口述試験

※小論文と口述試験の比重は1:2とする。
外国人留学生 評価する能力 

1.教育学または社会福祉学に関する基礎知識

2.「人間の尊厳と発達」の探究に関する課題意識

3.明確な研究計画と在学中に修士論文を作成する力

1.人間発達学に関わる研究分野における基礎知識と研究能力

2.「人間の尊厳と発達」に関わる研究の地平を開拓し、その発展に寄与しようとする課題意識

3.明確な研究計画と在学中に博士論文を作成する力

評価方法・

比重

外国語(英語または日本語)、口述試験

※外国語と口述試験の比重は1:2とする。

外国語(英語または日本語)、口述試験

※外国語と口述試験の比重は1:2とする。

※外国語では英語と日本語のどちらか一つを選択。受験者は自分の第一言語(母語)を受験できない。

愛知県立大学の教育目標と3つのポリシー

pagetop