愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学部共催事業・国際津波防災学会第2回都市共生防災分科会合シンポジウム「都市共生の視点から津波災害対策を考える」が、守山キャンパスで開催されました。

国際津波防災学会第2回都市共生防災分科会合シンポジウム「都市共生の視点から津波災害対策を考える」(看護学部共催授業)が、守山キャンパスで開催されました。

シンポジウムでは、看護学部・清水宣明教授が、地上で津波に絶対に遭遇しないことが大切だと指摘し、子どもたちの体力でも確実に逃げることができるように避難訓練やシュミレーションをしておくことの重要性について説明しました。また、病院や自治体、民間企業での対策や課題などについての報告とパネルディスカッションが行われるとともに、看護学部・柳澤理子教授(看護学部長)が大学としての防災教育、地域貢献として守山キャンパスでの事例や取組を紹介しました。

国際津波防災学会については、こちら(外部リンク)

国際津波防災学会分科会シンポ_1.jpg 国際津波防災学会分科会シンポ_2.jpg国際津波防災学会分科会シンポ_3.jpg

ニュース一覧

pagetop