愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

沿革と特色

愛知県立大学の沿革

愛知県立大学の源は、1947年に設置された愛知県立女子専門学校に遡ります。第二次世界大戦後の混乱の時代から立ち上がろうという県民の意欲が、国文科、英文科からなる女子専門学校の設置を促しました。その後、専門学校の女子短期大学への改組が行なわれる一方、1957(昭和32)年には4年制の愛知県立女子大学が設置され、両大学相俟って、中部地方の女子高等教育の名門として優れた人材を養成してきました。そして、1966年、文学部、外国語学部、外国語学部第二部の3学部9学科からなる男女共学の愛知県立大学として新たな出発を遂げることになります。
1998年に、キャンパスを名古屋市内から長久手町の東部丘陵地帯の一角に移し、施設・設備を一新しました。この年に、初めての理系の学部として情報科学部を設置し、文学部ならびに外国語学部の学科の充実を図るとともに、大学院国際文化研究科を設置しました。2002年には大学院情報科学研究科の新設も実現しました。以来、国際化、情報化、福祉社会化、生涯学習社会化への対応を教育・研究の理念として、有為な人材を愛知県内外に輩出し、また公立大学として地域の発展への貢献を目指してきました。

愛知県立看護大学の沿革

愛知県立看護大学は、その前身を1968年に開設された愛知県立看護短期大学に遡りますが、1989年に愛知県下27の看護婦養成機関の長より出された大学設置の請願が県議会で採択され、これを受けて「看護大学設置検討会(後に看護大学整備推進会議)」が発足し、周到な準備の上で1995年に4年制の大学として開学するに至りました。
開学以来の看護大学は、人間性を尊重した看護教育、人々の暮らしと地域を守る看護職者の育成をモットーに、また科学的思考と科学的問題解決能力の育成を教育目標として、多くの看護人材を養成してきました。さらに、1999年には大学院看護学研究科看護学専攻修士課程、2003年には看護学部に助産師コースを設置し、また2007年に大学院修士課程に専門看護師コース、2008年には看護実践センターに認定看護師教育課程(がん化学療法看護、がん性疼痛看護)を設置して看護実践の高度化・専門化にも対応しながら、今日に至ります。

新しい愛知県立大学の特色

愛知県立大学はふたつのキャンパスを持ちます。外国語学部、日本文化学部、教育福祉学部と情報科学部を置く「長久手キャンパス」は、瀬戸の山波の彼方に木曽の御嶽山の姿を臨む丘陵地にあります。看護学部を置く「守山キャンパス」は、名古屋市の東北部、しだれ桜の名所・フルーツパークとして知られる東谷山の中腹にあります。いずれも緑と澄んだ空気に囲まれた美しい空間です。このふたつのキャンパスで、学生、大学院生、教職員約3,500人が、日夜、教育・研究の営みを続けています。ちなみに看護学部の1年生は長久手キャンパスで学びます。
新しい愛知県立大学は、「良質の研究に基づく良質の教育」をモットーとし、また母体となったふたつの大学の良き伝統を継承しつつ、文系、理系双方の学部を擁する複合大学のメリットを生かして、以下の理念のもとに教育・研究を進めます。

  1. 「知識基盤社会」といわれる21世紀において、知の探求に果敢に挑戦する研究者と知の獲得に情熱を燃やす学生が、相互に啓発し学びあう「知の拠点」を目指す。
  2. 「地方分権の時代」において、高まる高等教育の需要に応える公立の大学として、良質の研究とこれに裏付けられた良質の教育を進めるとともに、その成果をもって地域社会・国際社会に貢献する。
  3. 自然と人間の共生、科学技術と人間の共生、人間社会における様々な人々や文化の共生を含む「成熟した共生社会」の実現を見据え、これに資する研究と教育、地域連携を進める。

ここに掲げた本学の理念は、いずれも、人間と人間社会のあり方をあらためて問い直す21世紀の人類的課題にほかなりません。本学の学生は、それぞれに入学した学部・学科あるいは研究科のミッションを、このような世紀的な課題の中に位置づけながら、意義のある大学生活を送ることができます。

愛知県立大学は、高い志と瑞々しい感性を備えた入学生との出会いを待っています。

pagetop