愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

災害時の休校措置

暴風警報発令時等の休講措置

1. 尾張東部区域または同区域内のいずれかの市町村(名古屋、犬山、小牧、春日井、瀬戸、尾張旭、長久手、日進、東郷、豊明)において(※)暴風警報が発令されている場合は授業を行いません。
(※愛知県全域、愛知県西部区域に発令されている場合も該当します。)

2. 暴風警報が下記の時刻に解除された場合には授業を行います。
(1) 午前6時までに警報が解除された場合は、平常の時間割どおり第1時限から授業を開始します。
(2) 午前10時までに警報が解除された場合は、平常の時間割により第3時限から授業を開始します。

3. 警報解除後においても被害甚大の場合には、授業を行わないことがあります。その場合は、大学ホームページまたはUNIPAで連絡をしますので確認してください。

東海地震の情報発表とその対応

東海地震の情報発表には、現在3つの段階があります。交通信号に例えると、観測情報=青信号、注意情報=黄信号、予知情報(警戒宣言)=赤信号ということになります。それぞれの場合で県大生が取るべき対応の指針を以下に示します。

1. 東海地震に関連する調査情報=青信号

東海地震に関連する現象について調査が行われた場合に発表されます。
調査情報が発表された場合でも、県大の授業やその他の活動は平常通り行われます。

<学外にいる場合>
平常の生活を続けていて構いません。直ちに地震に繋がる情報ではありませんから、くれぐれもパニックを起こさないようにしましょう。ただし、テレビ・ラジオ等で最新の情報を収集するよう努めて下さい。
<学内にいる場合>
大学側が情報を収集していますので、教職員の指示に従い、落ち着いて行動して下さい。

2. 東海地震注意情報=黄信号

観測された現象が前兆現象である可能性が高まった場合に発表されます。  
注意情報が発表された場合、県大の授業やその他の活動は中止されます。そして、予知情報(警戒宣言)が発表されないことが判明するまで再開されません。

<学外にいる場合>
政府から行われる防災に関する呼び掛けや、予め自治体等が定める防災計画に従って行動して下さい。基本的には自宅で待機し、テレビ・ラジオ等で最新の情報を収集するよう努めて下さい。また、不必要な外出は自粛しましょう。
<学内にいる場合>
リニモ等の公共交通機関は原則的に通常通り運行されますので、速やかに帰宅して下さい。ただし、自家用車での帰宅は、家族に迎えを頼むことも含め、自粛しましょう。個人が一斉に自家用車を使用すると、道路の混雑がはなはだしくなり、予防・救援活動に支障をきたすことになるからです。やむを得ない場合は、同方向へ帰る人達で相乗りし、出来るだけ道路の混雑を引き起こさないよう協力して下さい。事情があって帰宅出来ない場合は、長久手キャンパスは学生支援課窓口、守山キャンパスは学務課窓口に申し出て下さい。

3. 東海地震予知情報(警戒宣言)=赤信号

東海地震の発生のおそれがあると判断された場合に発表されます。ほぼ同時に内閣総理大臣から警戒宣言が発表され、本格的な防災体制が敷かれます。予知情報は、現象の変化が急激な場合には、観測情報、注意情報を飛び越えて発表されることもあり得ます。その場合、県大の授業やその他の活動は中止されます。そして、警戒宣言が解除されるまで再開されません。

<学外にいる場合>
東海地震の発生に十分警戒し、予め自治体等が定める防災計画に従って行動して下さい。基本的には自宅で待機し、テレビ・ラジオ等で最新の情報を収集するよう努めて下さい。また、不必要な外出は自粛しましょう。
<学内にいる場合>
リニモ等の公共交通機関は原則的に運行停止となります。徒歩や自転車等で帰宅出来る人は、速やかに帰宅して下さい。自家用車での帰宅は、2の注意情報が発表された場合と同様、自粛しましょう。帰宅出来ない場合は、長久手キャンパスは学生支援課窓口、守山キャンパスは学務課窓口に申し出た上で、指示にしたがって行動して下さい。

pagetop