愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

社会福祉学科

Department of Welfare Science

総合科学としての社会福祉。
知識と経験を融合させ、豊かな人間性を身につける。

大学で学ぶ社会福祉学は、福祉社会を充実するための科学的な基礎理論から、対人援助のための方法や技術といったものまで、幅広い領域を含んでいます。
さらに、本学の社会福祉学科では、従来から福祉の対象であった子ども、高齢者、障害者、女性、生活困窮者については無論のこと、現代的な課題である新来の外国人住民やひきこもりに関する理論と実践に関する研究活動を広く展開しています。
こうした本学科の特徴を活かし、人材育成においては、社会福祉に関する広い視野と見識を持った人材、特定の福祉領域で一層専門性が発揮できるような人材、あるいは、社会福祉にかかわる政策立案や、新たな事業を企画・遂行できる実践的な人材の育成に力を入れています。

先輩インタビュー

吉田さんの写真

社会福祉学科 吉田さん
愛知県立旭野高等学校出身 2017年4月入学

社会福祉と聞くと、高齢者と障がい者の援助という印象をもたれている方も多いと思います。自分も本学の社会福祉学科に入学する以前は、同じような印象をもっていました。しかし実際は、高齢者や障がい者のみならず、乳幼児、児童、少年、女性、経済的困窮者など、実に多様な対象にアプローチし、その解決を図っていく分野であることが分かりました。また、自分の周りには、今まで福祉について深く考えてこなかったという学生も大勢います。自分もその一人ですが、どの講義も担当教員の方が熱心に教えて下さいますので心配いりません。時にはゲストスピーカーの方のお話を聞かせていただける機会もあり、非常に内容の濃い授業が多いのが特徴です。


藤田さんの写真

社会福祉学科 藤田さん
愛知県立時習館高等学校出身 2017年4月入学

私は2つのサークルに所属しています。社会福祉学科は学部・学科ごとの授業が多いのですが、ダンスサークルでは様々な学部・学科の人と学年を超えて出会うことができました。楽しい雰囲気の中で練習できるのは、サークルならではの体験です。ボランティアサークルでは障害のある子どもたちとかかわり、色々なことを学んでいます。実際に経験を積み重ねることで普段の学習に活かせていると感じます。サークル以外でも、ボランティアやイベントに参加できるのは今だけなので、何事にも積極的にチャレンジしてほしいです。

在学生・卒業生からのメッセージを多数掲載!「県大LIVE」

pagetop