愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学研究科

Graduate School of Human Development

高度な専門知識と技術で
優れた看護学基礎研究・応用研究で
看護実践の質向上に貢献する。

少子高齢社会の到来や技術革新など、医療の現場が多様な変化を見せている今、看護へのニーズ が質量ともに高まっています。看護学研究科では「看護学の知の拠点」を目指し、研究成果の発 信はもちろん、専門看護師、認定看護管理者および助産師などの高度専門職の育成によって地域 社会に貢献し、また人間の尊厳を基盤とする「成熟した共生社会の実現」を見据えて、保健・医 療分野での協同と連携を推進しています。

看護学専攻

博士前期課程

専門分野として、看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学、広域看護学、ウィメンズヘルス・助産学をおき、各専門分野は1~3の研究分野によって構成されます。
各研究分野は研究コースを開設し、成人慢性期看護学、小児看護学、老年看護学及び精神看護学研究分野には専門看護師コース(がん看護・家族看護・老人看護・精神看護)を、看護管理学には認定看護管理者コースを、ウィメンズヘルス・助産学研究分野には高度実践コースを開設しています。
博士前期課程では、優れた看護学研究者、看護学教育者を育成すると共に、高度な専門知識と実践力を備え、看護実践の指導的役割を担うことができる人材を育成します。

博士後期課程

後博士後期課程には「看護学分野」を設置し、博士前期課程の看護基礎科学、総合看護学、臨床看護学、広域看護学の4専門分野がこれにつながります。
臨床ケアシステム、家族ケアシステム、周産期ケアシステム、高齢者ケアシステム、コミュニティケアシステム、看護技術教育学、看護管理学の専門科目を中心として、看護ケア基礎科学と共同して、看護実践の質向上に貢献する優れた看護学基礎研究・応用研究を実施できる構造としています。
これらの研究成果を発信すると共に、看護学研究者・教育者を育成し、研究成果が医療において活用されるように、高度な専門知識と実践能力、企画管理能力を備えた人材を育成します。

pagetop