愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

人間発達学研究科

Graduate School of Human Development

卒業後の進路

現代社会は、尊厳ある個人としての人間の発達に関わるさまざまな課題を生み出しています。それらは、現象的にも発生過程においても複雑に関連し合い、ときに「人間の発達の危機」をもたらします。それらの課題を解明し、解決のあり方を開発するためには、諸科学の協働が欠かせません。
本研究科は、教育や社会福祉に関わる諸科学を柱に、これらを横断する学際的視野から、諸課題を解明しつつ人間の発達の本質を探究しようとする人間発達学の創造に挑んでいます。研究科の教育においては、各分野の教員の協働により、最先端の学識を教授するとともに大学院生の具体的な課題意識に即した研究活動を支援します。

博士前期課程

「人間の発達の危機」に対処しうる高度な専門的知識・技能をもち、日々直面する問題を鋭く分析し主体的に解決へと導く研究力と実践力を備えた専門家を養成します。とりわけ小学校、幼稚園・保育所、施設、子育て支援・相談機関、社会福祉機関、NPO等と連携しながら地域社会の中で活躍する高度専門職業人の育成に人材育成の主眼を置いています。

博士後期課程

現代社会において広く深く進行する「人間の発達の危機」に真正面から取り組み、教育・福祉の分野で問題把握能力と分析力を備え、解決の方途を探る研究力を身につけた人材を社会に送り出すことを目的としています。博士後期課程では、具体的には、以下の人材の養成をめざします。

  • 人間発達学を担う、自立的研究力を備えた大学・短大等の研究者の養成
  • 人間発達学を探究しつつ、教育または福祉の実践現場で研究的視点を踏まえたリーダーシップを発揮しうる教育・心理・福祉専門職者の育成

pagetop