愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

障害を有する学生への修学支援

障害者支援に関する指針

1 趣旨

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が平成28年4月より施行され、高等教育機関では、障害を理由とする不当な差別的取扱いの禁止、障害者が取り巻かれる社会的障壁の除去及び合理的配慮の提供を推進していくことが必要になりました。
障害を有する学生への修学支援は、原則として本人(及び保護者)からの支援要請に基づき行われます。支援内容は、本人(及び保護者)と十分な合意形成・共通理解を図った上で決定します。
愛知県立大学においては、以下の体制により、障害を有した学生が十分な教育を受け、また豊かな学生生活を実現できるよう修学上の支援を行います。

2 愛知県立大学の障害を有する学生への修学支援体制

愛知県立大学の障害を有する学生への修学支援体制

3 支援の流れ

支援の流れ

<参考>合理的配慮とは

合理的配慮とは、「障害のある者が、他の者と平等に「教育を受ける権利」を享有・行使することを確保するために、大学等が必要かつ適当な変更・調整を行うことであり、障害のある学生に対し、その状況に応じて、大学等において教育を受ける場合に個別に必要とされるもの」、かつ「大学等に対して、体制面、財政面において、均衡を失した又は過度の負担を課さないもの」と定義されています。また、教育の本質や評価基準を変えてしまうことや他の学生に教育上多大の影響を及ぼすような教育スケジュールの変更や調整を行うことを求めるものではないとされています。

pagetop