愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学研究科Graduate School of Nursing & Health

先輩からのメッセージ

成人慢性期看護学分野(研究コース)

私は、急性期病院の一般病棟に勤務しています。大学卒業後も、本学の先生方にご指導いただき、臨床に出ながら、研究に携わって参りました。働くなかで、臨床経験に即した疑問が生まれ、より良い看護実践への示唆を得たいと考えるようになり、大学院へ進学致しました。現在も職場の皆さんに支えられ、病棟看護師を続けながら、長期履修制度を活用し勉学に励んでいます。

大学院での講義は、どれも臨床での実践と結び付けて考えられ、大変興味深いものばかりです。先生方は、私たち学生の臨床経験を聴き、捉えながらご講義下さいます。そのおかげで、実践に合った学びができ、具体的に現場へフィードバックできています。学習した理論や方法をすぐに活かすことができていると実感しており、入学して良かったと感じています。また、院生の仲間との出会いも魅力的で、とても楽しい有意義な時間を共にしています。

今後は臨床での経験に加えて、大学院での学びを活かすことのできる、自分らしい働き方ができればと考えています。

精神看護学分野(専門看護師コース)

「人を理解するということはどういうことか」。そんな疑問を知りたく精神科単科の病院に入職しました。しかし、自分で学べる教材や機会には限界があり、本当に自分の理解はこれでいいのか思うようになりました。そこで、一から勉強し直し、そこで得たものをより多くの人に還元したいと思い、大学院進学を決めました。当初は仕事を辞め、貯金を切り崩しながら2年間学業に専念するつもりでしたが、奨学金や、休職制度といった職場からの支援や、就業者等に対する長期履修制度があることを知り、現在も仕事をしながら大学院に通うことができています。

仕事との両立は大変なこともありますが、大学院で学べたことをすぐに臨床の場に活かすことができるのは今の大きな強みではないかと考えています。

本当にいろいろな方たちの支えがあって勉強させてもらえることに感謝しつつ、自分が理想とするCNS像を目指し、日々努力をしています。

看護管理学分野(認定看護管理者コース)

私は現在、病棟師長として看護管理に携わっています。副師長時代に、愛知県看護協会が主催する認定看護管理者教育課程セカンドレベルまでを修了し、その後、病棟師長として、実際に病棟管理をする立場になり、看護管理をより深く、体系的に習得し、実務に活かしたいという思いが強くなったことが、大学院進学を決意するきっかけとなりました。

入学後、学生生活と看護師長としての業務を両立させるためには、病院看護部や病棟スタッフからの理解が不可欠となります。理解を得るために、計画的に取り組み、両立できるよう日々邁進しています。また、効率的な履修計画を組むことが重要ですが、社会人学生に合わせた先生方からの十分なサポートがとても心強く助かっています。

共に学ぶ仲間たちは、それぞれに働く場所も、これまでの経歴も様々です。また、実習等を通じて他の施設の状況を知ることは、自分自身の見識を深め、実務に活かすためのヒントとなり、日々の看護業務に刺激を与えてくれる貴重な経験となっています。

ウィメンズヘルス・助産学分野(高度実践コース)

本学看護学部での母性看護学の講義や、実習で実際にお産を見学したことで、助産師への憧れが強くなり、大学院に進学しました。

大学院では講義や演習、実習、研究にじっくりと取り組むことができる環境が整っています。講義や実習、研究を同時に進めていくため、大変なこともあります。ですが、助産師になりたいという夢を持った仲間と一緒なので、ともに支えあいながら、とても充実した日々を送ることができています。

講義や演習では、妊娠期から育児期に関する様々な技術・知識を得ることができます。妊娠中から関わらせていただいた方のお産のお手伝いをさせていただく実習や、生後6か月まで継続して関わらせていただく実習があり、さらに学びを深めることができます。

私は、愛知県立大学大学院での学びを通して、知識や技術だけでなく、個人の持つ力を最大限に発揮させることができる助産師になりたいと考えています。

大学院情報

pagetop