愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学研究科Graduate School of Nursing & Health

先輩からのメッセージ

私は、係長として病院の看護管理に携わる中で、看護管理を学問として学び、正しい知識をもって実践に繋げたいという思いから、大学院に進学しました。

病院勤務と学業を両立するには計画的に履修を進めた方が良いと考え、まず科目等履修生制度を利用して入学前に4単位を取得しました。入学後は長期履修制度を活用し、3年かけて修了することを目標に学んでいます。入学当初は仕事との両立が不安でしたが、先生方から温かいサポートを受け、同じ志を持つ院生と協力しながら充実した日々を送っています。また職場には本学の修了生や院生が勤務していることも心の支えとなっています。

認定看護管理者コースには実習もあり、授業や研究と並行して進めていくため忙しくなりますが、自施設しか知らない私にとって実習は視野が広がる貴重な経験となっています。大学院で学んだことが職場での看護管理の実践に活かせることも、認定看護管理者コースの大きな魅力だと感じています。

私は、精神科に勤務する中で、漠然と大学院への進学を考えていました。そんな折に実習指導者講習会に参加し、母校である本学の先生方の講義を受けたこと、また同時期から学生指導に加えて現任教育や看護研究に関わり、「看護教育や研究についてしっかり勉強したい」という想いを強くし、進学を決めました。経済面や学業と家庭、仕事の両立などに不安がありましたが、家族と相談し、現在は訪問看護でアルバイトをしながら通学しています。

大学院では、臨床で感じていたことが理論と結びつく実感が得られたり、学んだことが訪問看護で活かせるなど貴重な経験の連続です。自ら決めたテーマに取り組む研究の過程では、指導教員に細やかな指導を受けることができ、悩みながらも、とても充実しています。また、様々な領域で活躍してきた他の院生にも日々刺激を受けています。

今までの精神科での臨床経験や大学院生活での経験を活かして看護教員・研究者になりたいと考えています。

大学院情報

pagetop