愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

人間発達学研究科Graduate School of Human Development

将来について

主な就職先

本研究科の修了者は、教育や社会福祉に関わる諸科学を横断する学際的視野から、諸機関と連携しながら諸課題を鋭く分析し主体的に解決へと導く研究力と実践力を備えた専門家として、以下のような分野・専門職で活躍しています。

修了生メッセージ

F. N. さん

2015年 修了

専門職で求められる力量に対応した研究基礎力と幅広い視野を得ることの魅力

大学院の講義は討論や学生の発表を中心として進むため、レジュメの作成や発表の回数、一回の講義で読む文献の量の多さに驚きました。また、レジュメ作成に際して、当初は関連する文献や資料の参照にも苦労しました。しかしそれらを通して、研究に対する姿勢の基礎が培われ、鍛えられたように思います。

人間発達学研究科には様々な分野の研究を行っている教員や院生がおり、多くの交流を通して広い視野を得ることができました。また、その中で自身の研究テーマとの関連が見つかったり、新たな知見が得られたりと、とても充実した院生生活を送ることができました。

現在保育士として子どもに関わる仕事をしていますが、このような院生生活は現在の仕事にも役立っています。今渡しが直面している子どもの抱えている課題には、それまでの子どもの育ちや回りの環境との関わりなど様々な要因が関わっています。関連機関との連携など幅広い視野を持って支援を行う上で、大学院での学びは貴重な体験となっています。

大学院情報

pagetop