愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

国際関係学科Department of International and Cultural Studies

将来について

高度な外国語運用能力と国際感覚を活かし、グローバル社会の創り手・担い手になる

卒業生の進路は多岐に渡りますが、外国語運用能力や国際感覚が活かせる業種、すなわちメーカー、輸出入関係、旅行関係が多いと言えます。就職率はどの学科・専攻も90%半ばの水準に達し、全国の文系大学・学部の平均を上回っており、特に地元である東海三県の企業には厚い信頼を頂いています。また、公務員や教員としても活躍しています。

進路指導では全学的な対応の他、外国語学部独自に、内定済学生の報告会やJICA(国際協力機構)のセミナーを開催しています。

主な就職先(過去3年間)

就職先の詳細はこちらより

卒業生からのメッセージ

伊藤さん

共同通信社 2013年度卒業

通信社の記者として、国内外のメディアにニュースを「伝える」

私は、国内外のメディアにニュースを配信する通信社の記者として、事件事故やイベントの取材を主に担当しています。現場に行き、様々なひとに話を聞き、記事を書く。毎日違う仕事ができる記者の仕事はとても楽しいです。もちろん痛ましい悲しい事件や事故の取材もあります。「伝える」ことで何かが変わると信じて、伝え続けていきたいと思っています。

私は愛知県立大学で教養を中心に幅広い分野を学びたいと思い、国際関係学科を専攻しました。そして他大学の大学院でジャーナリズムを専攻して、共同通信社に入社しました。大学4年間では、講義で知識を得たことはもちろんですが、なにより「ひと」との関わり合いのなかで多くを学んだと思います。

在学中はたくさんの教職員の方々にお世話になりました。他愛もない話から進路の相談まで、授業外でも熱心に話をしてくださいました。愛知県立大学の財産は「ひと」だと思います。いま第一志望だった共同通信社の記者として働けているのは、大学4年間の経験がとても大きいと思っています。みなさんも少し厚かましいくらいに研究室のドアをノックしてみてください。

河島さん

伊藤忠商事 2016年度卒業

学生時代のさまざま経験が、きっと将来に繋がる!

学生時代は、国際経済ゼミに所属し、国際政治や国際法、文化人類学や農業経済なども体系的に学びました。ユニークな先生方に刺激され、思い切って1年休学し、世界中の農家を訪ね、住み込みで働いたりもしました。

現在は、総合商社で植物油の輸出入に関わる仕事をしています。まだ若手ですが、多くの外国人と仕事を進め、一人で海外に出張することもあります。目まぐるしく変化する世界で文化の違う人々と対等に渉り合うためには、現状の課題を多角的に分析し、様々な背景を持つ考え方を柔軟に受け入れなくてはなりません。国際関係学科で夢と力を育て、世界に飛び立ってください。

外国語学部

pagetop