愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

ヨーロッパ学科フランス語圏専攻Department of European Studies Division of French Studies

ヨーロッパの社会的文化的中心であるフランスを出発点に、アフリカを始めとして全世界に拡がるフランス語圏を見通す

フランスは、中世以来、ヨーロッパの文化・文明の中心の一つです。現在も、ドイツと共にEUを牽引しながら、世界第5位の経済大国として、国際社会の発展に寄与し続けています。そしてフランス語は、フランス本国だけでなく、ベルギー、スイス、カナダ、アフリカ諸国等の公用語であり、国連を始めとする多くの国際機関や、ファッション、スポーツ等の多彩な分野で、共通語として用いられています。特に、今後の世界で政治的経済的に最も重要な存在になるであろうアフリカ諸国においては、実は英語以上に、広く用いられている言語なのです。フランスと日本の関係に目を転じれば、2017年のフランスの対日直接投資残高は、アメリカ、オランダに次いで世界第3位です。逆に日系企業の約490社が、フランスに約740拠点を設置しており、そのうち愛知県内の企業は37社、57拠点にも上ります。

フランス語圏専攻では、少人数クラスでフランス語のエキスパートを目指します。同時に、「言語・文化コース」と「社会コース」で専門的にフランス語圏の文化・社会を学び、国際的な舞台で活躍し、かつ地域社会にも貢献する、「真のグローバル人材」を養成します。

1~4年の「専攻言語科目」でフランス語運用能力を段階的に身につけ、1、2年の「専門基礎科目」で自分の専門分野を選択、2~4年の「専門発展科目」でより高度な学修を行います。3年から「言語・文化コース」「社会コース」に分れ、特定のテーマを研究し卒業論文に結実させます。

将来について

フランス語圏への交換留学・短期留学について

県大が締結している学術交流協定により、リール大学、トゥールーズ大学、ロレーヌ大学(以上フランス)、ブリュッセル自由大学(ベルギー)、ケベック大学(カナダ)と交換留学を行っており、計11名を毎年派遣しています。また、フランス政府留学局とも協定を結び、フランス国内の諸大学が実施する短期語学研修プログラムに参加する場合、日本学生支援機構の海外留学支援制度奨学金への申請が可能となっています。

学科の特色をもっとみる

先輩インタビュー

S. O. さん

2015年度入学

中学生の頃は英語が好きで、高校は英語コースに進み英語をたっぷりと学びました。大学受験にあたり、違う言語をしたいな、もっとグローバルな人間になりたいな、と思うようになりました。そこで、高校の先生から愛知県立大学を勧められました。

県大は愛知にあるため、すごく都会なイメージでしたが、大学周辺は勉学に集中することのできる静かな環境です。学生数が少ない分、アットホームで、他学科と交流したりと、外国語学部同士で仲良くなれます。

1、2年次に文法や会話などの授業を通してフランス語の基本を学びます。特にネイティブの先生が担当する会話の授業では日常会話から意見の述べ方まで幅広くフランス語を学びます。グループになって練習することが多いのですが、3年次からはパワーポイントを使って発表をするなど、各学年のレベルに合わせた授業となっています。

私は3年次にカナダのケベック大学モントリオール校に半年間フランス語留学をしました。フランス語と英語が共存するモントリオールなので、そこで暮らす人はバイリンガルまたはマルチリンガルです。彼らにたくさんの刺激をもらい、語学面の成長だけでなく、精神面も強くなりました。

県大では、留学生たちとコミュニケーションをしたり、他の言語・語圏を専攻している学生と交流することで、より広い視野を持てるようになりました。世界で起きている様々な出来事についても興味を持つようになりました。また図書館には、ディズニーからハリウッドまで様々なジャンルの映画があり、授業がない時間帯に利用しています。

将来は世の中に役立つ人になりたいです。様々な国の橋渡しができたらいいなと思います。

県大は安心して学業に打ち込める学校です。挑戦したいことがあり、それに向けてアクションをすれば、チャンスをつかむことができます。受験期はうまくいかずに悩むこともありますが、まずは自分何をしている時が一番輝いているかを考えてみてください。そうすればきっと夢中になれるものが見つかります。応援しています。

K. H. さん

2015年度入学

元から語学が好きで、英語のほかにもう一つ違う言語を学びたいと思い担任の先生に相談した際に、県大を勧めていただいたことがきっかけです。

キャンパスは比較的綺麗で、自然豊かです。全体的な雰囲気として落ち着いているので過ごしやすい場所だと思います。人がたくさんいる大学ではないですが、クラブやサークルに所属すれば他学部・他学科と接する機会も増えて、もっと楽しい学生生活を送れるように思います。

専攻の授業は基本的に10数名ほどの比較的少ない人数での授業なので、先生と話す機会の多さや質問のしやすさなどのメリットがあります。クラスは4年間固定なので、慣れてしまえば4年間居心地の良い雰囲気の中で授業が受けられるようになると思います。

約1年を海外で過ごしました。自分はファームステイをしていたのですが、様々な地方や地域を訪れ、たくさんの人と出会い、色んな体験することが出来たのはとても良い思い出です。その内のほんの一部なんですけれどもステイ先の方と観光したり、一緒にホームパーティしたり、地域のお祭りに参加したりもしました。

県大に入って良かったのは、自分がやりたいことや、どういう人になりたいかを具体的に考える力がついたことです。高校までは曖昧にしか捉えられなかった将来の自分を在学中に沢山の人と出会い、色んな体験をすることで自分が好きなこと、将来自分はどういうことをしてみたいのかを昔よりも具体的に考えられるようになりました。

大学では楽しいことがたくさん待っています。合格目指し頑張ってくださいね。

県大LIVE

外国語学部

pagetop