愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

ヨーロッパ学科スペイン語圏専攻Department of European Studies Division of Spanish and Latin American Studies

実践的なスペイン語力およびスペイン語圏とブラジルに関する専門知識を修得し、ポルトガル語も学べる

スペイン語は世界20の国・地域で使われ、その人口は4億人。また、ポルトガル語を公用語とするブラジルの人口は2億人超。日本国内では約28万人のスペイン語・ポルトガル語圏出身者が暮らしており(ブラジル人が20万人)、両言語の重要性は国際社会だけでなく地域社会の中でも高まっています。本学のスペイン語圏専攻では、こうした社会のニーズにも対応できるよう、実践的なスペイン語力およびスペイン語圏やブラジルに関する専門知識をみにつけ、ポルトガル語も修得することができます。

4年間の学びの流れとしては、1年生は「基礎を学ぶ」、2年生は「理解を深める」、3年生は「専門性を高める」、4年生は「総まとめ(成果を完成させる)」ということになります。それぞれの学年の到達目標に応じて語学と専門科目のレベルが上がっていきます。3年生になると各自の関心に応じてコースを選択し、卒業までに指定された専門科目を履修することになります。この間に1年間、海外協定大学(スペイン、メキシコなど)に留学し、語学科目と専門科目を履修してくる学生も多いです。

将来について

スペイン・メキシコでの短期研修/協定大学留学/海外インターンシップ

毎年2月から3月にかけてメキシコの協定大学ラスアメリカス大学で4週間、また8月から9月にかけてスペインの協定大学サンティアゴ・デ・コンポステラ大学で3週間のスペイン語短期集中講座を実施しています(参加は自由)。また、本学はスペインや中南米の大学との交流が盛んであり、毎年多くの学生が半年~1年間の交換留学を経験しています。さらに、メキシコに進出する日系企業との間で覚書を締結し、現地で2ヶ月~1年間のインターンシップ(企業通訳研修)を経験する学生もいます。

学科の特色をもっとみる

先輩インタビュー

田口さん

岐阜県立恵那高校出身・2015年度入学

日本人の先生もネイティブの先生も熱心な先生が多いと思います。授業や課題が大変に感じることもありますが、そのおかげでかなり力がつきました。1,2年生でスペイン語を中心とした基礎を学び、3,4年生で自分が学びたい事を中心に知識をさらに深めていきます。少人数での授業が多く、先輩後輩のつながりも濃いので、留学の相談などもしやすいです。様々なことにチャレンジする機会が与えられ、自分がどうなりたいのか、そのために何が必要かを考え、自ら行動に移す力が身につきました。

松本さん

愛知県立江南高校出身・2017年度入学

特に印象に残っているのは、スペイン語圏専攻で入学後まもなく行なわれる合宿です。先輩の留学経験談や卒業生の方々から卒業後の仕事などについて聞き、自分のキャリアについて考え、4年間の大学生活の計画を立てることができました。サルサの先生が来て皆でダンスを習ったり、スペ科らしいことを学べた良い機会でした。このように、スペイン語圏専攻では単に教室で学ぶだけでなく、様々な体験の機会が与えられ、それを通じて仲間との絆が強まり、学びへのモチベーションが上がっていきます。

県大LIVE

外国語学部

pagetop