愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

歴史文化学科Department of Japanese History and Culture

4年間の学びの流れ - 2年次

学科科目の中で、「学科基幹科目」(歴史文化学、日本史学、社会文化学、資料学、比較文化学)に区分される各科目で、歴史文化・社会文化の学びを深め、極めていきます。

〈主なカリキュラム〉

日本倫理思想史、日本史学〔古代/中世/近世/近現代〕、文書演習〔古代・中世/近世〕、人文地理学、歴史地理学、法政治学、資料調査法、歴史社会学、日本史概説、地誌、文化人類学総論、現代社会論

在学生からのメッセージ

Hさん

愛知県立瑞陵高校 2018年度入学

歴史文化学科では、歴史学だけでなく、社会学や地理学など様々な分野を学ぶことができるので、多角的な視点を養うことができます。2年生では、3年から始まるゼミのことも考えつつ、専門的な知識を深められるように学んでいるところです。さらに、県大では様々なことに挑戦する機会に恵まれているので、積極的に参加するようにしています。現在は、JTBとJALによる「旅行商品開発プロジェクト」というインターンシップに取り組んでいます。想像していたよりも大変ですが、とてもやりがいのある活動です。また、将来のことを考えるうえで貴重な経験になっています。

時間割例

 
1限目   英語 II 人文地理学   英語 II
2限目

日本国憲法

 

(博物館経営論)

  近世文書演習 日本史学(古代) 歴史文化資料学(歴史/文化/社会)
3限目 一般教養科目 地誌   日本倫理思想史

スポーツ実践演習


(教育原理)

4限目 一般教養科目 資料調査法      
5限目          

()は教員免許・学芸員資格に関する科目

授業内容の概要

歴史文化資料学〔歴史/文化/社会〕

2年の必修授業です。歴史・文化・社会が前後期それぞれ用意され、1年次で育んだ関心に沿いながら、研究に不可欠な資料の探し方・扱い方・読み方を実践的に幅広く学ぶことができます。自治体史の史料編纂室に訪問したり、地域調査を実施したり、現地で資料と向き合う面白さを実感して下さい。

近世文書演習(2年次~4年次)

一次史料から近世史を読み解くために「くずし字」を学ぶ古文書入門編です。史料が多く残された村方文書を中心に、江戸時代に広く通用した「御家流」の文字を、オリジナルの写真版テキストから、講師のアドヴァイスを得つつ、受講生自身が読み進めます。

資料調査法(2年次~4年次)

質的・量的な調査に必要な基本について学習し、特に面接法調査(聞取り調査)について体験しながら社会調査への理解を深めることを目指します。方法論や手続き等、調査の進め方やその技法を学んだ上で調査設計を行い、文献資料調査、学外フィールドでの聞取り調査、報告会等の一連の調査過程を行います。愛知県内の無形文化財や保存活動、自治体等への取材等を通して、基本的な社会調査の作法やスキルを習得し、あわせて私たちの生きる社会文化について考えます。

日本文化学部

pagetop