愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

社会福祉学科Department of Welfare Science

社会と人間を理解する分析力・コミュニケーション力・課題を解決に導く実践力

社会福祉学は、人文科学や社会科学などを基盤とした総合科学です。そこで、本学の社会福祉学科では、社会や人間を理解するための基礎的な理論や実践として社会学、心理学などを学び、それらを基盤として体系的に社会福祉学を学べるようにしています。

社会福祉の課題は、虐待されている子ども、低所得の高齢者、常時介助を必要とする障害者のみならず、不安定雇用の外国籍住民、ひきこもりの若者、介護のために離職を余儀なくされた中高年などへの支援と、近年、多様化しています。このように多様化する課題を解決に導くスペシャリストとなるために、対人援助から政策立案や活動実践までに必要な、ソーシャルワークの理論と方法を学んでいきます。

私たちは、福祉サービスの利用者が、その有する個性や能力に応じて尊厳を持った自立生活を営めるように、綜合的かつ包括的に援助できる人材や、地域の福祉課題の把握や社会資源の調整・開発など、地域福祉の増進に働きかけられる人材の育成を目指しています。

ゴールは、知識と経験を融合させて、豊かな人間性を身につけること。そこに向かって、まずは基礎的な理論や実践を学ぶことからスタートします。学年が上がると専門性が増し、3年次以降に多くの学生は、社会福祉の現場に出て、ソーシャルワーク実践の経験を積みます。

将来について

知識と経験との融合

大切にしているのは、福祉課題をできるだけ身近な課題として考え、知識と経験を融合すること。そのために、身近な地域にある福祉課題の現場をフィールドワークしたり、先進的な実践を学びに県外まで研修旅行に出かけたりしています。例えば、2018年度は、「都市地域からの/による排除と包摂の実際:大阪釜ヶ崎と被差別部落のフィールドワーク」をテーマに大阪で研修を行いました。そこに出かけたからこそ学べる実践があり、参加学生たちは一様に視野を広げ、その後の大学での学びを深いものとしています。

学科の特色をもっとみる

先輩インタビュー

N. A. さん

福井県立高志高等学校 出身 2016年度入学

国家試験の合格率が高かったこと、少人数教育であることに惹かれ、県大を選びました。

県大を選んだ理由
元々社会福祉に関心があり、中でも精神保健福祉分野に興味がありました。そこで、精神保健福祉士の資格取得ができる国公立大学を調べたときに、愛知県立大学を知りました。国家試験の合格率が高かったこと、少人数教育であることに惹かれ、県大を選びました。

学科・専攻の特徴
学科の特徴は、少人数に分かれての科目が毎年1つはあること、グループワークやプレゼンテーションなど自分の意見を表現する機会が多いことだと思います。学年が上がると演習の科目もあり、ロールプレイを通して学ぶ機会も多い方ではないかな、と思います。

学生生活で一番の思い出、頑張ったこと
一番の思い出は社会福祉実習です。実習では今まで自分が学んできた知識や技術を実践し、経験に結び付けていきました。毎日学ぶことばかりで、時には葛藤することや悩むこともありました。けれど葛藤や悩みも自分自身への気づきに繋がり、社会福祉の現場だけでなく自分自身やソーシャルワークについても考える機会でした。

学生生活で身についたと感じていること
自分で一番実感しているのは、社会で起きている問題について様々な視点で考えることや、自分の考えを他の人に伝わるように表現することが身についたのではないかと思っています。

卒業後の夢や目標
卒業後は精神保健福祉士として福祉の現場で働きたいと思っています。目標は、地域に根ざした精神保健福祉士になることです。

県大を希望する受験生へのメッセージ
社会福祉学科は学内・学外問わず様々な経験をする機会が設けられています。大学時代に学び、経験したことは「自分らしく」生きていくことに繋がるので、いろんな経験をしてください。まずは受験、頑張ってください!

県大LIVE

教育福祉学部

pagetop