愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

看護学科Department of Nursing & Health

国際社会、少子高齢社会で活躍する優秀な看護専門職をめざそう

看護学部では、21世紀の国際社会、少子高齢社会で活躍する優秀な看護専門職として、すべての人に対する思いやりと人間愛を育み、人間相互の信頼関係のもとで、保健医療福祉施設、在宅、地域等の様々な場において活躍できる看護師の育成をめざします。看護の専門科目の授業は、看護職として臨床経験のある教員が担当します。

具体的には、以下の能力や姿勢が身につけられるようにカリキュラムを編成しています。

  1. 看護の基礎となる知識と技術を体系的に修得し、人々の健康問題について科学的に思考し問題解決を図る能力
  2. 人間を全体的・統合的に捉え、人々の生活の質の向上を考慮した看護を科学的根拠に基づいて実践する能力
  3. 保健医療福祉システム全体の中で看護を位置づけ、様々な専門職との連携・協働に必要なコミュニケーションスキルとリーダーシップを発揮する能力
  4. 国際化・多様化した社会を考慮に入れて国際的な視野から人々の健康問題をとらえ、健康の保持・増進に寄与できる能力
  5. 文化、社会、自然に関する幅広い教養と、科学・医療の発展に向けて自己を継続して向上させる姿勢
  6. 人間の生命と尊厳を尊重し、常により良い行動を取ろうとする倫理的態度
  7. 地域住民の健康問題に関するニーズを理解し、主体的に地域活動に取り組む姿勢

臨床看護、在宅看護、災害看護、在留外国人のケアなど、幅広く対応できる看護師を育成するために、授業は学年進行に従って同時並行的に学習できるよう体系化され、情報教材や視聴覚教材、シミュレーターなどを有効活用し、わかりやすく効果的な授業が展開されます。

将来について

4年間かけてしっかり看護学を学びます。

健康であるとき、生命が危機的なとき、病気から回復するとき、病気が慢性化したとき、生命の誕生から生命の終わりを迎えるまで、看護師は様々健康レベルの人びとを対象とします。また、病院、在宅、地域などいろいろな場で活躍することが求められます。愛知県立大学看護学部では、このような多様で複雑なニーズに対応できる看護師の知識・技術・態度を、4年間かけてじっくりと学ぶことができます。

学科の特色をもっとみる

先輩インタビュー

H. R. さん

2017年度入学

県大を選んだ理由
自分の将来の進路の選択肢を広げたいと思い大学に進学しました。私には医療が十分でない国にいき何か看護師として手助けしたいという目標があります。県大は看護学部でも海外留学にいくことができ、国際関連の授業もあるので自分の視野を広げるという点を魅力に感じたからです。

看護学部の特徴
学内実習では学生4人対先生1人の指導になるので、丁寧な指導を受けることができ質問もしやすいです。授業数が多いのでテストの時は一日に5教科もあったり大変!課題も多いのでスケジュール管理が大切です。

ここまでの学生生活で一番の思い出、頑張っていること、頑張ったこと
海外留学に行けたこと。ホストファミリーやほかの他大学の人とも仲良くなることができいい思い出になりました。ホストファミリーと色んなところに出かけたり、ゲームしたり趣味を共有出来てとても楽しかったです。

身についたと感じていること
専門的な知識と教養だと思います。また、1年生のときにうけた一般教養は今でもニュースをみるときや会話の種になり役に立っていると思います。

卒業後の夢や目標
いずれは海外の医療が届いていない地域に行き、一人でも多くの人を助け医療の発展に貢献したいです。

県大看護学部をめざす受験生へのメッセージ
自分の努力を信じてぜひ挑戦してください!とても大変だと思いますが、充実した施設や経験豊富な教授陣のもとで成長できるいい大学です!

O. H. さん

2018年度入学

県大を選んだ理由
私は将来行政の保健師になりたいと思っています。県や市で活躍する保健師には県大の卒業生も多く、地域からの信頼が厚いので、まずはこの大学で看護の基礎を学ぼうと思いました。またオープンキャンパスに行った際、学外実習の豊富さなどに魅力を感じたからです。

県大の魅力、よいところ
静かな環境の中で勉強することが出来ます。1年次に長久手キャンパスで一般教養を学べるのも、県大の特徴だと思います。その時学んだ教養の中には、今の看護の授業で生かされている知識も沢山あります。科目数や課題が多く大変だと思うことも多いですが、知識や技術がしっかり身につけられると思います。

ここまでの大学生活での一番の思い出、頑張ったこと
初めての病院実習(初期体験看護実習)です。11月に1日、2月に4日で合計1週間という短い期間でしたが、内容はとても濃いものでした。実際に患者さんと触れ合い、どうしたらより良いケアを出来るかなどについて悩むことで、学んだことが沢山あります。先生方もたくさんアドバイスや指導をしてくださいました。

身についたと感じていること
専門的な知識や技術です。特に学内での実習では、少人数制で個々を細かく指導してもらえます。

卒業後の夢や目標
行政の保健師として働くことです。わたしは特に高齢者の健康について興味を持っているので、この高齢社会の中で健康寿命を少しでも延ばし、地域の活性化に貢献できるような保健師になりたいと考えています。

県大看護学部をめざす受験生へのメッセージ
受験期には色々なプレッシャーが重なり大変なことも多いと思いますが、自分のやってきたことを信じて頑張ってください!
きっと充実した大学生活が送れると思います!

県大LIVE

看護学部

pagetop