愛知県立大学

English

文字サイズ

English

訪問者別

MENU

閉じる

国際文化研究科Graduate School of International Cultural Studies

研究科紹介

共に学び、みずから学を磨く --- 異なる価値観を結ぶ国際文化研究

国際文化研究科は、外国語学部に基づく国際文化専攻と日本文化学部に基づく日本文化専攻とから成り、それぞれに博士前期・後期課程を設けています。

この研究科は、学際的な視点を取り入れつつ国際社会における自文化と異文化とを教育・研究します。また、前期・後期課程ともに昼夜開講を実施し、グローバル化時代における社会人教育の推進に努めています。

研究科長あいさつ

国際文化研究科は、外国語学部・日本文化学部をブリッジして作られた非常に守備範囲の広い大学院です。構成員はそれぞれの価値観を尊重し自由闊達に学び合い、人文社会諸科学の発展のため結び合います。

人文社会系での研究は集団でのプロジェクトもありますが、基本は個人研究です。本研究科でも、院生各自が研究テーマを絞り込む段階から、多くの自由が与えられます。指導教員のテーマに縛られることはありません。しかし、自由であるということは一方で研究者としての自律、すなわち自らが選択した学術をやり抜くだけの覚悟と独立心が求められます。それは研究者としての存在価値を自ら証明することでもあり、決して楽なものではありません。院生にとって試行錯誤の連続となるでしょうが、その過程にこそ積極的な意義があります。なぜなら、研究者あるいは専門職業人としての自立がそこで準備されるからです。

とはいっても、すべてにおいて自由に院生任せにしておくわけではありません。院生をサポートし、自立を助けるためのヒューマンな仕組みが充実しているところに、本研究科の大きな特長があります。自分の専門とする学術の意義を相対化し、多くの人々に理解してもらうためには、共に学び、議論するプロセスが重要です。そもそも国際文化研究の要であるコミュニケーションとは、さまざまな言語による意思疎通であると同時に、研究者相互、そして研究者と社会との繋がり・交流としての意味を有します。そうした理解に立って、本研究科では、コミュニケーション能力の向上を目指し、必修科目を設置するとともに、近接分野の教員・院生が集う研究グループの取組みを推進し、更に併設の多文化共生研究所・通訳翻訳研究所を通じた地域・社会との結びつきを重視して、学び合いの中で構成員それぞれが成長できるよう努めています。  

このサイトをご覧になったみなさんが本研究科への進学を希望し、やがて研究科コミュニティの一員として共に学び、自らの学術を練磨し、大きな成長を遂げてくれることを切に願っています。

国際文化研究科長
大塚 英二

国際文化研究科の教育方針

自文化と多文化共生に関する理解を基礎として、国際社会および地域社会で活躍できる人材の育成を目指す

博士前期課程では、国際文化専攻と日本文化専攻に共通する研究の土台を「言語文化」と「社会文化」の2専門と捉え、両専攻ともそれぞれの専門にさらに2研究分野を置いています。すなわち、国際文化専攻の言語文化専門には「言語研究」と「文学文化研究」、社会文化専門には「国際社会研究」と「地域社会研究」が、そして、日本文化専攻の言語文化専門には「言語研究」と「文学思想研究」、社会文化専門には「歴史文化研究」と「地域文化研究」がそれぞれ置かれています。
博士後期課程では、前期課程で培った人文社会科学分野での学際的な分析力と国際性に裏付けられた展開力という特色をさらに深め、グローバル化とローカルな動きが同時進行する世界と日本の趨勢に対応しながら、既存の学問的方法を超えるような、多面的で多彩な視点をもって研究をすすめます。

国際文化専攻

外国語によるコミュニケーション能力と外国語で書かれた資料を扱う能力を十全に備え、国際社会および地域社会の諸問題に精確に対応できる人材を育てます。
併せて、社会で求められる英語プロフェッショナルを養成する「英語高度専門職業人コースが専攻内に置かれています。
また、修了要件となる最終課題については、「修士論文」「特定課題研究成果」のいずれかを選択できます。後者としては、地域社会の課題解決を目指した政策提案、言語教育等に関する教授法の開発、学術的価値の高い外国語資料・作品の翻訳・解説、考古・民俗資料等の発掘・分析等が評価の対象となります。

日本文化専攻

グローバル社会を学術的に認識すると同時に、国際的な視野に立って自文化を深く掘り起こし、日本社会に生起する社会的・文化的諸問題を解決する能力のある人材を育てます。
さらに、国際文化専攻と共通した科目を置くことによって、日本という地域社会に留まらない学術的一般性・原理性が得られるようにしています。こうして、日本文化研究を質的にも総合的に深化させることを目的とします。

大学院情報

pagetop